■2013年10月4日

●今から始めるアンダーナイトインヴァース エクセレイト!(4)

第1回は全キャラクターの攻略と重要システムについて、
第2回はチェインシフトの使い方について、
第3回はシールドの使い方について紹介しました。

第4回となる本日はアサルトについて解説していきます。

方向コマンドはテンキー表記となっています。下の画像を参考にして下さい。
テンキー表記
(例:236A → 下・右下・右・Aボタン)

●ワンポイントシステム攻略「アサルト」

■アサルトの概要
 ・アサルトのコマンドは6+D
 ・アサルトは鋭いジャンプ
 ・アサルトからのジャンプ攻撃が強力
 ・アサルトのメリット
 ・アサルトのデメリット

これらの項目について詳しく説明していくぞ。

■アサルトのコマンドは6+D
レバーを前に入れながらDボタンを押せばアサルトだ。
アサルト解説アサルト解説
アサルトは地上と空中で出すことができ、特性もそれぞれ少し異なるぞ。

■アサルトは鋭いジャンプ
アサルトは鋭い軌道で相手に向かってジャンプするアクションだ。
そこからジャンプ攻撃や空中必殺技を出すことができる。

地上アサルトはある程度相手の位置をサーチしてジャンプする。
中間距離から密着状態までなら、安心して技を当てていく事ができる。
アサルト解説アサルト解説
画像の間合いぐらいからであれば、相手を飛び越えたりすることなく、
きっちりと相手の位置までアサルトで接近してくれるぞ。

空中アサルトは一定距離を進むタイプの鋭いジャンプだ。そのため、相手の位置を見極めて出す必要があるぞ。

■アサルトからのジャンプ攻撃が強力
アサルト=アサルトからのジャンプ攻撃といっても過言ではないほど、
アサルトからのジャンプ攻撃を使った攻め方が重要かつ強力なので説明するぞ。

アサルト発動後は一瞬だけ行動不能となるが、その後すぐにジャンプ攻撃を出すことができる。
アサルト解説
そのため、アサルトからのジャンプ攻撃は、しゃがみガードで防げない高速中段攻撃として機能する。

あくまでジャンプ攻撃による中段攻撃であるため、ガードされても隙はなく、さらに攻めを続けていく事ができる。
アサルト解説アサルト解説
相手のガードをこじ開ける気持ちでガンガン使っていこう。

■アサルトのメリット
アサルトを発動するとGRDゲージが0.5個ほど増加する効果がある。
積極的に攻めることで相手よりもGRDゲージで優位に立つことができるぞ。

しかし、アサルトから出したジャンプ攻撃をガードされると、
結果的に相手のGRDゲージの方が多く増加してしまうので注意しよう。

また、アサルトのでかかりは投げに対して無敵の状態となっている。
アサルト解説
相手の投げを読んだらアサルトで回避し、そのまま反撃を叩き込もう。
ジャンプでの回避では反撃が間に合わないこともあるので、出番は多いはずだ。

■アサルトのデメリット
強力なアサルトだが、通常のジャンプと比較してデメリットも存在する。

まず、アサルト移動中は空中ガードができないという点だ。
アサルト解説
安易にアサルトで攻め込むと、大ダメージを受けてしまう可能性があるぞ。

次に重要なのが、アサルトからのジャンプ攻撃に対するデメリットの存在だ。
これはダメージ補正やリカバリー補正にアサルトによる弱体化補正が入ってしまう。
そのためアサルトからのジャンプ攻撃は大ダメージを与えにくくなっているぞ。

さらに、地上アサルトから出したジャンプ攻撃はキャンセル不能となってしまう。
地上アサルト→ジャンプA→ジャンプB…といったパッシングリンクや、
地上アサルト→ジャンプC→空中必殺技…といった連携はできない。

このキャンセル不能となる制限は空中アサルトには存在しないので、うまく使い分けよう。
具体的に画像を使って説明していくぞ。

アサルト解説アサルト解説
地上アサルトから出したジャンプ攻撃はキャンセル不能となるので…

アサルト解説
着地まで他の行動を取ることができない。

アサルト解説アサルト解説
空中アサルトにはキャンセル不能となる制限はないので…

アサルト解説
ジャンプAをキャンセルしてジャンプBを出すことができる。
キャンセルで出したジャンプ攻撃もしゃがみガードができないため、相手のガードを崩すのに便利だ。

攻略を読んでエクセレイトにチャレンジだ!

それではまた次回の更新をお楽しみに~!

■トピックス一覧に戻る


●コメントを残す

■ナビゲーション
 

●月別検索

記事を探したい月を選択して下さい

●タグ検索

Struggle Overture あーくれぼ ハッピーバースデー リヒトクライス情報課 ロケテスト 大会 攻略 連続技投稿 Q&A UNIペディア

●キーワード検索